シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)

写真に関する注意事項

写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とイメージ(パッケージデザイン等)が異なる場合が御座います。 また、シートごとや小分け包装でのお届けとなる場合がありますので予めご了承下さい。 薬効・品質に差異はございませんのでご安心下さい。

  • シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)カプセルのサムネイル
  • シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)開封のサムネイル
  • シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)中身のサムネイル
  • シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)PTP包装表のサムネイル
  • シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)PTP包装裏のサムネイル
  • シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)カプセルのサムネイル
内容量
1箱に15カプセル ×  1箱
製薬会社
シプラ
発送国
シンガポール
口コミ
1
評価
3.1点★★★☆☆
5%還元124ポイント
販売価格2,480円
数量

シロファスト4mgは前立腺肥大症に伴う排尿困難の治療に用いられるユリーフのジェネリック医薬品です。
シロファスト4mgはインドのシプラ社より製造・販売されており、先発のユリーフと同じ成分で製造されているため、同等の効果効能を得ることが可能です。
主に前立腺肥大症に伴う排尿症状(尿が出にくい、勢いが弱い、尿をするのにお腹に力を入れなければならないなど)や畜尿症状(尿が近い、尿漏れ、昼間頻尿、夜間頻尿など)の排尿障害に対して治療効果を示します。

前立腺は男性にだけある臓器で膀胱の下にあり、尿道を囲うように存在し、精液を作る働きをします。
男性の場合、トイレの時に尿のキレが悪かったり尿が残ったりすることがありますが、このような症状を引き起こす病気として前立腺肥大症が挙げられます。
前立腺は中高年になると徐々に肥大していき尿道を圧迫するようになり、それによって尿道が狭くなることで尿が出にくくなってしまい排尿障害が起こります。

前立腺肥大症で治療を受けている人はおよそ40万人以上いると推定されており、65歳以上の男性では通院している人は1000人あたり100人程度いると言われています。
ですが実際は前立腺肥大症にかかっていても治療を行っていない人も非常に多く、実際には400万人近い人がかかっているという身近な病気と考えられています。

シロファスト4mgは前立腺や尿道の平滑筋をゆるめることで排尿障害を改善することができます。
シロファスト4mgはα遮断薬に分類されていますが、前立腺や尿道に多く存在するα1A 受容体に対して選択的に作用しますので、他のα1 受容体には作用しにくく、血圧降下作用を示さないという特徴を持っています。

まとめ買い割引

まとめ買いで大幅割引
  通常価格 販売価格   1カプセル 1箱
シロファスト4mg(ユリーフジェネリック)
単品
2,480円
カゴへ
165円 2,480円
4,960円 3,274円
カゴへ
109円 1,637円
7,440円 3,899円
カゴへ
86円 1,299円

シロファスト4mg(ユリーフジェネリック) の効果効能

シロファスト4mgは下部尿路組織平滑筋の緊張を緩和し、尿道内圧の上昇を抑制することで排尿を促す効果のある治療薬であり、前立腺肥大症に伴う排尿障害(昼間頻尿や夜間頻尿、尿意切迫感などの畜尿症状や尿線途絶や尿の勢いの低下などの排尿症状)の改善に効果があります。

尿を出す作用に深く関係しているのが「交感神経」と呼ばれる神経で、この交感神経が緊張すると尿意が強くなります。
シロファスト4mgはこの交感神経の働きを抑えることで尿道が狭くなるのを防ぐことができるのです。
具体的には有効成分であるシロドシンはα1受容体遮断薬に分類される薬剤で、α1受容体に対して選択性が高いとされています。
このシロドシンが前立腺や尿道にあるα1A 受容体に結合し、交感神経系の伝達を遮断できることにより、尿道内圧の上昇を抑制することができます。そうすることで尿の排出がスムーズになり、前立腺肥大症に伴う排尿障害の改善にも繋がります。

シロファスト4mg(ユリーフジェネリック) の主成分・有効成分

シロドシン

シロファスト4mg(ユリーフジェネリック) の使用方法

1日2回、朝食・夕食後にそれぞれ1錠ずつ服用します。※症状に合わせて服用量は適宜増減します。
飲み忘れた場合は飲み忘れた分の服用は避けて、次回分から通常通りの使用方法(1回1錠)で服用してください。飲み忘れた分も合わせて1度に2回分を服用しないようにしてください。
早急に症状を改善するためにも上記のような決められた用法用量は必ず守ってください。

保管方法としては小児の手の届かないところに保管するようにしてください。また直射日光や高温は避けて室温で保管するようにしましょう。
また服用後にめまいや立ちくらみを感じた場合は、横になって休んでください。その後の服用に関しては医師の方と相談しましょう。

関連商品

シロファスト4mg(ユリーフジェネリック) の副作用

シロファスト4mgの副作用として主にめまい、立ちくらみ、頭痛、下痢、吐き気、鼻づまり、口の渇きなどの症状が報告されています。
また特異な副作用として、およそ5人に1人の割合で精液量が減少する・勢いがなくなるなどの射精障害があらわれる場合がありますが、薬の服用をやめれば自然に改善されます。
飲み始めの頃は特にめまいを感じたり、立ちくらみを起こすことがありますが、徐々に症状が治まること多いです。
もし症状が強く出るときは、医療機関を受診するなどの対応をしてください。

重い副作用としては、過度の血圧低下や肝臓の重い症状が挙げられます。これらは稀に起きる程度ですが、初期症状などに注意しておいてください。

シロファスト4mg(ユリーフジェネリック) の使用上の注意

シロファスト4mgの使用にあたり下記に該当する方は服用に注意してください。

持ち病や気になる症状のある方、もしくは服用中の薬がある場合には副作用などの危険性を回避するためにも医師の指導のもと使用してください。
シロファスト4mgに含まれる成分(シロドシン)にアレルギーをお持ちの方は服用しないようにしてください。

シロファスト4mgの飲み始めは立ちくらみやめまいなどを起こしやすいため、急に立ち上がったりせず、ゆっくり動作する、もしくは横になって休むなどで対処してください。また、自転車や自動車の運転、高台や機械の操作など危険を伴う作業を行う場合にはシロファスト4mgの使用に十分注意してください。

シロファスト4mg(ユリーフジェネリック) の併用注意・禁忌

併用禁忌とされている医薬品はありませんが、併用に関して注意が必要な医薬品があります。

シロファスト4mgを使用する上で、水虫治療などに用いられる抗真菌薬(イトラコナゾールなど)のアゾール系真菌薬を併用すると、シロファスト4mgの血漿中濃度が高くなり強い副作用があらわれる可能性があります。
またシロファスト4mgにはα遮断作用があるので、ホスホジエステラーゼ 5 阻害作用を有するバイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬と併用する場合に血管拡張作用により降圧作用が強くあらわれ、低血圧を招くおそれがあります。
降圧剤との併用により、起立時の血圧調整力が低下している可能性があり、起立性低血圧が起こる可能性があります。

口コミ評判の新着一覧

  • 投稿イメージアイコン
    いつの間にか
    ★★★★★2017-12-29

    現在50代に入ったばかりですが、いつの間にか尿の出が悪くなる年齢になっていました。まだまだ若いと思っているのは自分だけで、体の方は日一日と老いて行っているようです。病院に行く前に試してみるか…と思いこちらを購入しました。飲むと尿の出がよくなるのが分かります。

    0人が参考になったと回答しています

LINE@お得な情報をお届け!
コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
5%還元キャンペーン
112.17 円(1US$)