医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

テグレトール400mg

写真に関する注意事項

写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とイメージ(パッケージデザイン等)が異なる場合が御座います。 また、シートごとや小分け包装でのお届けとなる場合がありますので予めご了承下さい。 薬効・品質に差異はございませんのでご安心下さい。

  • テグレトール400mg錠剤のサムネイル
  • テグレトール400mg開封のサムネイル
  • テグレトール400mg中身のサムネイル
  • テグレトール400mgSP包装表のサムネイル
  • テグレトール400mgSP包装裏のサムネイル
  • テグレトール400mg錠剤のサムネイル
内容量
1箱に100錠 ×  1箱
製薬会社
ノバルティス
発送国
シンガポール
口コミ
2
評価
3.2点★★★☆☆
5%還元299ポイント
販売価格5,980円
在庫切れ

テグレトール400mgはスイスのノバルティスファーマ社から発売されているお薬です。てんかんの大発作、精神運動発作のほかにてんかん性格、てんかんに伴う精神症状の治療に用いられます。また、躁病、躁状態、統合失調症の興奮状態、三叉神経痛、舌咽神経痛の治療薬に用いられる事もあります。中でも側頭葉てんかんなど部分発作の代表的な治療薬として有名で、第一選択薬として使われる事もあります。

テグレトール400mgの効果効能

脳神経細胞のNaチャンネルを遮断する事によって膜活動電位の立ち上がりが阻害されるため神経細胞の複雑部分発作に効果があるとされています。てんかん治療、三叉神経痛治療薬として使用されているほか、躁病、躁うつ病の躁状態の治療効果に対しても効能が承認されているお薬です。

テグレトール400mgの主成分・有効成分

カルバマゼピン(Carbamazepine)

テグレトール400mgの使用方法

・精神運動発作、てんかん性格、てんかんに伴う精神障害、てんかんのけいれん発作、強直間代発作(全身けいれん、大発作)の場合
成人は最初1日200~400mgを1~2回に分けて経口服用することから始めてください。その後2週間毎に100~200mgずつ効果が現われるまで徐々に増量していきます。
※症状により1日1200mgまで増量することができます。
※小児に対しては、年齢、症状に応じて通常100~600mgを分割口経投与します。
・そう病、そううつ病のそう状態、統合失調症の興奮状態の場合
通常、成人は最初1日200~400mgを1~2回に分けて経口服用してください。効果が現われるまで通常1日600mgまで徐々に増量してください。
※症状により1日1200mgまで増量することができます。
・三叉神経痛の場合
通常、成人は最初1日200mg~400mgから始め、効果が現われるまで徐々に増量してください。通常1日600mgまでを3~4回の分割経口服用します。
※症状により1日800mgまで増量できます。高齢者は1日2回、1回100mgの服用から開始することが推奨されています。
※小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量します。

関連商品

テグレトール400mgの副作用

・以下の副作用が報告されています。
血管炎、血管浮腫、呼吸困難、猩紅熱様・麻疹様・中毒疹様発疹、そう痒症、光線過敏症、じんましん、潮紅、色素沈着、ざ瘡、丘疹、多形結節症紅斑、紫斑、多毛、筋脱力、筋けいれん、関節痛、筋痛、ポルフィリン症、巨赤芽球性貧血、白血球増多、好酸球増多症、網状赤血球増過症、リンパ節腫脹、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、γ-GTP上昇、AST(GOT)上昇、乏尿、尿閉、血尿、たんぱく尿、BUN、クレアチニン上昇、頻尿、幻覚(視覚、聴覚)、せん妄、知覚異常、インポテンス、末梢神経炎、口顔面ジスキネジー、舞踏病アテトーゼ、まひ症状、攻撃的行動、激越、意識障害、ふらつき、眠気、めまい、注意力・集中力・反射運動能力などの低下、立ちくらみ、抑うつ、頭痛・頭重、脱力、倦怠感、興奮、運動失調、不随意運動(ふるえ、アステリキシスなど)、言語障害、錯乱、異常眼球運動(眼球回転発作)、水晶体混濁、結膜炎、眼圧上昇、複視、霧視、調節障害、眼振、不整脈、刺激伝導障害、血圧低下、血圧上昇、すい炎、口内炎、舌炎、腹痛、食欲不振、悪心・嘔吐、便秘、下痢、口渇、ビタミンD・カルシウム代謝異常(血清カルシウムの低下など)、甲状腺機能検査値の異常(T4値の低下など)、血清葉酸値低下、女性化乳房、乳汁漏出、プロラクチン上昇、低ナトリウム血症、骨軟化症、骨粗鬆症、聴覚異常(耳鳴、聴覚過敏、聴力低下、音程の変化など)、脱毛、コレステロール上昇、トリグリセリド上昇、CK(CPK)上昇、体液貯留、免疫グロブリン低下((gA、IgGなど)、CRP上昇、発熱、味覚異常、むくみ、発汗、体重増加、感冒様症状(鼻咽頭炎、せきなど)
・まれに以下の重篤な副作用が報告されています。
再生不良性貧血、汎血球減少、白血球減少、無顆粒球症、貧血、溶血性貧血、赤芽球癆、血小板減少、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、SLE様症状(蝶形紅斑などの皮膚症状、発熱、関節痛、白血球減少、血小板減少、抗核抗体陽性など)、過敏症症候群(初期症状として発熱、発疹の後、リンパ節腫脹、関節痛、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、肝脾腫、肝機能障害などの臓器障害を伴う遅発性の過敏症状)、肝機能障害、黄だん、急性腎不全(間質性腎炎など)、PIE症候群、間質性肺炎、血栓塞栓症(肺塞栓症、深部静脈血栓症、血栓性静脈炎など)、アナフィラキシー反応(じんましん、血管浮腫、循環不全、低血圧、呼吸困難など)、うっ血性心不全、房室ブロック、洞機能不全、徐脈、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、無菌性髄膜炎、悪性症候群(発熱、意識障害、無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗など)

テグレトール400mgの使用上の注意

以下の方は慎重に服用してください。
・薬物過敏症の方
・甲状腺機能低下症の方
・現在何らかの病気を患っている方、もしくは既往歴があるという方は、使用前に必ず医師にご相談ください。
・妊婦、授乳中、妊娠している可能性がある方、乳幼児、小児、高齢の方は使用しないでください。
・使用後にめまいや眠気、ふらつきなどが起こる可能性があるため、車の運転などには注意が必要です。
・他のお薬と併用する場合は医師に相談してください。

テグレトール400mgの併用注意・禁忌

以下の方は、服用しないでください。
・テグレトールCR400mgの成分または三環系抗うつ剤に対して過敏症の既往歴のある方
・重篤な血液障害のある方
・第II度以上の房室ブロック、高度の徐脈(50拍/分未満)のある方
・ボリコナゾールを服用中の方
・ポルフィリン症の方
以下の薬剤絶対に併用しないでください。
・ボリコナゾール(ブイフェンド)
・併用注意
MAO阻害剤、炭酸リチウム、メトクロプラミド、アルコール、中枢神経抑制剤、利尿剤、イソニアジド、フルボキサミン、ベラパミル、ジルチアゼム、シメチジン、オメプラゾール、ダナゾール、ビカルタミド、キヌプリスチン・ダルホプリスチン、マクロライド系抗生物質、リトナビル、ダルナビル、アゾール系抗真菌剤(ミコナゾール、フルコナゾールなど)、アセタゾラミド、クエチアピン、イトラコナゾール、クロバザム、パロキセチン、フェノバルビタール、リファンピシン、フェニトイン、バルプロ酸、プリミドン、エファビレンツ、テオフィリン、アミノフィリンエファビレンツ、テオフィリン、アミノフィリン、抗不安・睡眠導入剤(アルプラゾラム、ミダゾラム)、抗てんかん剤(ゾニサミド、クロナゼパム、エトスクシミド、トピラマート)、トラマドール、ブプレノルフィン、ブチロフェノン系精神神経用剤(ハロペリドールなど)、三環系抗うつ剤(イミプラミン、アミトリプチリン、ノルトリピチリンなど)、トラゾドン、ミアンセリン、セルトラリン、ミルタザピン、精神神経用剤(オランザピン、アリピプラゾール、リスペリドン、ブロナンセリン、クロザピン)、ドネペジル、フレカイニド、エレトリプタン、ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗剤(ニフェジピン、フェロジピン、ニルバジピンなど)、オンダンセトロン、副腎皮質ホルモン剤(プレドニゾロン、デキサメタゾンなど)、黄体・卵胞ホルモン剤、ソルフェナシン、クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)、免疫抑制剤(シクロスポリン、タクロリムス、エベロリムス)、抗悪性腫瘍剤(イリノテカン、イマチニブ、ゲフィチニブ、ソラフェニブ、スニチニブ、ダサチニブ、ニロチニブ、ラパチニブ、トレミフェン、タミバロテン)、ドキシサイクリン、HIVプロテアーゼ阻害剤(サキナビル、インジナビル、ネルフィナビル、ロピナビルなど)、マラビロク、デラビルジン、エトラビリン、プラジカンテル、エプレレノン、シルデナフィル、ジエノゲスト、ジゴキシン、非脱分極性筋弛緩剤(パンクロニウムなど)、アセトアミノフェン、ラモトリギン、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品、グレープフルーツジュース 等
・併用禁忌
ボリコナゾール

この商品を買った人はこんな商品も買っています

口コミ評判の新着一覧

  • 投稿イメージアイコン
    てんかん用薬
    ★★★★★2014-12-09

    常に薬が充分なだけあるという安心感。 通院のストレスからの解放、時間の節約。 あんしん通販さんを頼るようになって心労が減りました。

    1人が参考になったと回答しています

  • 投稿イメージアイコン
    テグレトール
    ★★★★☆2013-09-16

    朝からカリカリイライラしてますが、飲むと少し落ち着きます アル中といえば聞こえは悪いですがいわゆるアルコール依存症から抜け出そうと奮闘しております

    0人が参考になったと回答しています

ペットの医薬品各種ございます
LINE@お得な情報をお届け!
コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
オススメ特集一覧

昨日から現在までの注文数

1
5
5
2
112.99 円(1US$)

最近チェックした商品

  • テグレトール400mg
  • 閲覧履歴はまだありません。
  • 閲覧履歴はまだありません。
  • 閲覧履歴はまだありません。

履歴から、あなたにオススメの商品