医薬品の通販(個人輸入代行)なら、『あんしん通販薬局』

リピトール10mg3箱セット

写真に関する注意事項

写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とイメージ(パッケージデザイン等)が異なる場合が御座います。 また、シートごとや小分け包装でのお届けとなる場合がありますので予めご了承下さい。 薬効・品質に差異はございませんのでご安心下さい。

  • リピトール10mg3箱セット錠剤のサムネイル
  • リピトール10mg3箱セット開封のサムネイル
  • リピトール10mg3箱セット中身のサムネイル
  • リピトール10mg3箱セット包装表のサムネイル
  • リピトール10mg3箱セット包装裏のサムネイル
  • リピトール10mg3箱セット錠剤のサムネイル
内容量
1箱に30錠 ×  3箱
製薬会社
ファイザー
発送国
シンガポール
口コミ
3
評価
3.4点★★★☆☆
10%還元788ポイント
通常10,440円
販売価格7,882円
数量

リピトールが3箱同封されたセット商品です。1日1錠の服用を3ヵ月続けることが出来ます。医薬品にかかるお金を抑えたい方にオススメです。

リピトールは、ファイザー株式会社が販売する高コレステロール血症のお薬です。
リピトールを服用する事で、肝臓がコレステロールを合成する働きを抑制することが出来ます。悪玉コレステロール(LDL)が減少し、善玉コレステロール(HDL)が増加するため血中のコレステロール値の低下に繋がります。
コレステロール値が低下すれば、動脈硬化を予防することが出来るので、動脈硬化が原因となり発症する狭心症や心筋梗塞のリスクを低下させることが出来ます。
高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の方、脂質異常症の方はリピトールを常備しておくことをオススメします。

まとめ買い割引

まとめ買いで大幅割引
  通常価格 販売価格   1錠 1箱
3,480円
カゴへ
116円 3,480円
6,960円 5,742円
カゴへ
95円 2,871円
リピトール10mg3箱セット
3箱セット
10,440円 7,882円
カゴへ
87円 2,627円
17,400円 12,029円
カゴへ
80円 2,405円
24,360円 16,303円
カゴへ
77円 2,329円

リピトール10mg3箱セットの効果効能

リピトールは、HMG-CoA還元酵素阻害薬と呼ばれるスタチン系のコレステロール低下薬です。
リピトールを服用すると、有効成分「アトルバスタチンカルシウム水和物」が肝臓のコレステロールの合成を抑えるように働きかけます。
アトルバスタチンカルシウム水和物の効果により、悪玉コレステロールが減少し善玉コレステロールが増加します。
血中のコレステロール値が低下することによって、動脈硬化を防ぐことが出来、動脈硬化が原因となり発症する狭心症や心筋梗塞などの病気を予防することが出来ます。

国内の治験では、総コレステロール値を平均30%。悪玉コレステロール値を平均41%低下させた結果が出ている為、生活習慣病である高コレステロール血症や高脂血症の治療にたいへんよく使用されています。

リピトール10mg3箱セットの主成分・有効成分

アトルバスタチンカルシウム水和物

リピトール10mg3箱セットの使用方法

高コレステロール血症の成人がリピトールを服用する場合には、1日1回10mgを服用して下さい。
年齢や症状の度合いによって服用量の増量、減量します。
症状が重い場合には1日20mgまで増量することが出来ます。

家族性高コレステロール血症の成人がリピトールを服用する場合にも、1日1回10mgを服用します。
年齢、症状の度合いによって服用量が増減しますが症状が重い場合には1日40mgまで増量することが出来ます。

リピトール10mg3箱セットの副作用

リピトールの服用後、注意する必要のある副作用は筋肉に障害が生じる「横紋筋融解症」です。
リピトールを服用したからと言って必ず発生する副作用ではありませんが、腎臓の悪い人や高齢の人に副作用として稀に表れます。
フィブラート系の高脂血症のお薬とリピトールを併用すると横紋筋融解症が起こりやすいと言われています。
リピトールの服用後、ふくらはぎ周辺に筋肉痛のような症状が表れた時には横紋筋融解症を疑い、早急に医師に連絡する必要があります。

重い副作用


リピトールを服用した際に発症する可能性のある重い副作用です。
可能性は低いですが、念のためにご確認ください。

・免疫介在性壊死性ミオパチー
頻度不明で稀に発症する可能性があります。筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿などの異常が認められた場合には投与を中止し、病院を受診してください。
・肝機能障害
肝炎や黄疸など、肝臓に障害があらわれる可能性があります。
・過敏症
血管神経性浮腫、アナフィラキシー反応、蕁麻疹を始めとする過敏症状が表れたという報告があるため、これらの症状が表れた際には投与を中止して下さい。
・無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症
頻度不明でこれらの症状が表れることがあります。
定期検査を行うなどして、十分な観察を行う必要があります。
・中毒性表皮壊死融解症
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑等の水疱性発疹が表れたとの報告があるので、これらの症状に注意して下さい。
・高血糖、糖尿病
口渇、 頻尿、全身倦怠感が感じられた時には高血糖や糖尿病の可能性があります。
定期検査などで十分な観察を行う必要があります。
・間質性肺炎
発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常が認められた場合には、リピトールの投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤を使った適切な処置を行ってください。

リピトール10mg3箱セットの使用上の注意

高齢者は生理機能が低下している為、リピトールの副作用が表れやすい傾向にあります。
副作用が発現した場合には、適切な処置を行ってください。

リピトールを妊婦および妊娠している可能性のある婦人には投与しないでください。
動物実験により、胎児に悪影響が出ることが報告されています。
小児への投与は安全性が確立していない為、医師と相談して下さい。

リピトール10mg3箱セットの併用注意・禁忌

リピトールを服用する際には、以下の薬剤と併用してはいけません。
・テラプレビル
リピトールの血中濃度が上昇し、生命に危険を及ぼすような横紋筋融解症を含むミオパチーが発現する可能性がある為。
・オムビタスビル・ パリタプレビ ル・リトナビル
リピトールの血中濃度が上昇し重い副作用が発現する可能性が高くなる為。

リピトールの原則併用禁忌


リピトールとの併用が原則禁止されている薬剤です。

・フィブラート系薬剤
急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が表れやすくなります。

リピトールの併用注意


・フィブラート系薬剤、ニコチン酸製剤
急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が表れやすいとの報告があります。
・免疫抑制剤、アゾール系抗真菌薬
血中及び尿中 ミオグロビンが上昇し腎機能悪化の可能性があります。
・クラリスロマイシン、グラゾプレビル
リピトールの血漿中薬物濃度の有意な上昇が報告されています。
・HIVプロテアーゼ阻害剤
リピトールのAUCが1.7倍に上昇するとの報告があります。
・グレープフルーツジュース
リピトールのAUCが2.5倍に上昇するとの報告があります。
・エファビレンツ、リファンピシン
リピトールの血漿中薬物濃度が低下した報告があります。
・ベキサロテン
リピトールのAUCが約50%低下したとの報告があります。
・陰イオン交換樹脂
リピトールのAUCが約25%低下したとの報告があります。
・ジゴキシン
ジゴキシンの血漿中濃度が上昇したことが報告されています。
・経口避妊薬
ノルエチンドロン血漿中濃度の上昇が報告されています。

口コミ評判の新着一覧

  • 投稿イメージアイコン
    びっくりドンキー
    ★★★★★2018-09-13

    ハッキリ言ってびっくりドンキーですね。脂質異常症の薬で痩せるとは思いませんでした。信じる者は救われるですね。友人から痩せやすくなるから飲んでみなよといわれて服用し始めたのですが、本当にやせやすくなりますね。血流もよくなるみたいなので一石二鳥です。

    0人が参考になったと回答しています

  • 投稿イメージアイコン
    下半身デブ
    ★★★★★2018-08-10

    下半身デブを改善したくて色々とダイエットを行ってみたもののどれも芳しい効果はなく…。で今はこちらのリピトールで体質改善中です。まだ一か月なのでよくわかりませんが、感触的には今までで一番いいような感じがしています。取りあえず半年続けます。

    0人が参考になったと回答しています

  • 投稿イメージアイコン
    脂質異常症
    ★★★★★2018-04-13

    健康診断で脂質異常症と診断されました。自己判断で病院に行くほどでもないと思っているので、こちらで自己治療しようとリピトールを購入して服用し始めました。取りあえず副作用などはないようなので、来年の健康診断まで続けようと思ってます。

    0人が参考になったと回答しています

ペットの医薬品各種ございます
LINE@お得な情報をお届け!
コンビニ決済で後払い
電話注文も承っております 050-3187-9446 受付:平日11時~18時(土日祝除く)
オススメ特集一覧

昨日から現在までの注文数

2
3
5
0
112.62 円(1US$)

最近チェックした商品

履歴から、あなたにオススメの商品